テニス,/Actinidia1506254.html,スポーツ , テニス , ウエア , パンツ,(レディース),fifteens.net,BLK,CAスカート,パシフィック(PACIFIC),1655円,ドライプラス,PT19SW513 1655円 パシフィック(PACIFIC) テニス ドライプラス CAスカート PT19SW513 BLK (レディース) スポーツ テニス ウエア パンツ パシフィック PACIFIC テニス ドライプラス BLK PT19SW513 CAスカート 大人気 レディース パシフィック PACIFIC テニス ドライプラス BLK PT19SW513 CAスカート 大人気 レディース テニス,/Actinidia1506254.html,スポーツ , テニス , ウエア , パンツ,(レディース),fifteens.net,BLK,CAスカート,パシフィック(PACIFIC),1655円,ドライプラス,PT19SW513 1655円 パシフィック(PACIFIC) テニス ドライプラス CAスカート PT19SW513 BLK (レディース) スポーツ テニス ウエア パンツ

パシフィック PACIFIC テニス 1着でも送料無料 ドライプラス BLK PT19SW513 CAスカート 大人気 レディース

パシフィック(PACIFIC) テニス ドライプラス CAスカート PT19SW513 BLK (レディース)

1655円

パシフィック(PACIFIC) テニス ドライプラス CAスカート PT19SW513 BLK (レディース)

【パシフィック】【PACIFIC】【SLSL】【ba_wear】【ssxp0618】【日本バドミントン協会審査合格品】【バドミントン用】【テニス用】【レディス】【レディース】【女性用】【ウィメンズ】【women】【テニスウエア】【テニスパンツ】【ボトム】【Lady's】【Ladys】【れでぃーす】【女性】【テニスウェア】【UVカット】【UV】【紫外線対策】【日焼け防止】【シミ防止】【吸汗速乾】【ドライ】【吸汗】【速乾】【透けにくい】【point_p10】【ssxrktnp20】【ssxyp15】【ssxhntnp15】【rss20210304】

●公認テニスウエア●Mサイズ詳細:【総丈】36cm※弊社独自の採寸方法により採寸を行っておりますため、多少の誤差が生じる場合がございます。※一部商品において弊社カラー表記がメーカーカラー表記と異なる場合がございます。※ブラウザやお使いのモニター環境により、掲載画像と実際の商品の色味が若干異なる場合があります。掲載の価格・デザイン・仕様について、予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。


パシフィック(PACIFIC) テニス ドライプラス CAスカート PT19SW513 BLK (レディース)

News

2021.11.10 IR

第12期 第3四半期四半期報告書 (304KB)

2021.11.10 IR

2021年12月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) (240KB)

2021.11.10 IR

自己株式の取得状況及び取得終了に関するお知らせ (会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) (116KB)

新中期経営計画(2021-2023年)

philosophy

食糧増産技術(アグリテクノロジー)と真心で世界の人々に貢献します

食糧増産技術(アグリテクノロジー)

弊社では、世界の食糧増産に貢献する製品開発を行っています。
3つの「アグリテクノロジー」を極め、世界に普及させるために、社員自らも栽培に挑戦する会社です。

防除技術

2拠点の研究体制(鳴門・インド)高安全性・新規有効成分探索

施肥灌水技術

栽培技術 水耕栽培肥料 国内シェアNo.1

バイオスティミュラント

環境・病害虫に対し作物の免疫力を高める生物多様性の尊重

  • 食糧増産が必須
  • エネルギーの大量消費
  • 自然破壊

SDGs・CSRへの取り組み

  • 食糧増産が必須

    農薬使用による薬剤耐性の発生

    新規開発を行っている農薬メーカー
    は約千社の中で日欧米の20数社

    新規薬剤開発防除技術

  • エネルギーの大量消費

    地球温暖化
    局所的な気候変動

    作物へのストレス増大

    作物の免疫力の向上バイオスティミュラント

  • 自然破壊

    砂漠化・塩害・水質汚染
    世界の土壌の3割が劣化

    必要最小限の水と肥料施肥灌水技術

OATアグリオグループの企業活動そのものが、SDGsへの取組みです。
『アグリテクノロジー』を普及させることが“環境保全”・“資源効率の改善”・“飢餓撲滅”に繋がります。

取り組み事例

CSR基本方針の下、主に鳴門市内の小学生を対象に「栽培の楽しさを知ってもらうとともに、植物について学習する機会を設ける」をテーマとして栽培学習会や栽培研究センター見学会を実施しています。

海外展開

弊社は3つの「アグリテクノロジー」を軸に、グローバルな視点で製品開発を行っております。
国内外の関連会社と共に海外展開を加速、世界の食糧生産に貢献します。

PICK UP